ミナミの北海道一周自転車旅行

60歳 好奇心旺盛な北海道一周リハビリ旅行

8月12日 25日目 稚内へ

朝、5時、15度 雨は降ってないが、雲空、昨日より空は明るい、ひとまず、テントを拭いて乾きやすくする。今日は出発出来るかな?中にはテントを撤収して出発準備している人もいる、テントが濡れていて大丈夫かな?稚内まで宗谷岬を通って93㎞、1日で十分行ける距離、その手前の さるふつ公園キャンプ場も綺麗な良いキャンプ場でここでも良いかなと考えているが、ここは、30㎞ぐらいで近すぎかも、もう少し寝ながら考えます。さるふつ公園キャンプ場なら、昼に出発しても十分です。稚内なら、8時ぐらいに出発したいです。

結局、8時に出発、稚内を目指します。

9時、17㎞走行、真っ直ぐな道が続きます。

10時、道の駅「さるふつ」に到着、ここは、キャンプ場、温泉、ホテル、レストランが有り、施設が充実。ここで朝食を食べる。

ここ、さるふつはホタテの漁獲量が日本一でほたてが名物、ここで日本最北端の村 道の駅弁を食べました。北海道の「なまらうまいっしょグランプリ」で優勝と書いてあります。確かに美味しかったです。

f:id:minami0375:20180816180838j:imagef:id:minami0375:20180816180846j:image

 

私がホタテが好きなので、実家の送り物はホタテに決定、鮭以外はホタテ製品の詰め合わせにして注文、フランクフルトもホタテのフランクフルトです。

10時50分出発、宗谷岬まで32㎞です。

12時45分 宗谷岬に到着、凄い人です。北海道の北を目指す人は必ずここを目指します。バイク、自転車、マイカー、観光バス、人、人、人

f:id:minami0375:20180816173437j:image

特に日本最北端の地の記念碑の前は写真撮影の順番を待つ人で長蛇の列です。丁度観光バスが3台も到着したのでなおさらです。みんな、記念碑の前で写真を撮る為に並びます。私は横から記念碑だけを撮影、どこかの大学の自転車部の人たちも自転車と共に写真を撮るために並んでいます。見ていると、自転車を記念碑に上げて愛車と写真を撮ってます。この為に、北海道旅行に来たと言っても過言ではないでしょう。大学時代の大切な思い出でになると思います。そういえば、40年前の北海道旅行の時、稚内まで来て礼文島に行きました。その記憶は有りますが、宗谷岬に行った記憶がありません、列車での北海道旅行だったので行かなかったかも。

14時50分、二本目の電池と交換、宗谷岬からの向かい風で電気を浪費させられました。キャンプ場で充電しておいて良かったです。

15時30分、稚内市内に到着、松屋を発見、昼飯に牛丼を食べ、キャンプ場での夕飯用にと弁当を購入してキャンプ場に行きます。

キャンプ場は稚内市内の高台の公園内に有るので、急な坂を走ります。また、キャンプ場に行く途中には墓地が有り、お盆なのでお墓参りの人がいます。ネットににお墓が嫌だとの投稿が有りましたが、これかと思いました。確かに夜に到着するとチョットいやかな。このキャンプ場は無料のキャンプ場で広さも広く、芝のサイトも林のサイトも有り、どこでも好きな所に張って良いそうです。トイレも水洗、ごみも回収してくれます。無料にしては良いキャンプ場です。私は林の中のトイレと水場に近い所に張りました。ここは、稚内市内の内なので電波が通じます。何日かぶりのブログの更新をしますが、テントの中の無理な態勢での書き込みに1日分しか更新出来ませんでした。

明日の礼文島行きの船の時間を調べると6時20分と利尻島経由の7時15分が有ります。料金が同じなので、利尻島経由の船に決め寝ます。

天気が心配ですが、南の札幌や旭川の方がより一層天気は悪いそうで、北の方か少しは良いそうです。明日は早起きします。