ミナミの北海道一周自転車旅行

60歳 好奇心旺盛な北海道一周リハビリ旅行

8月9日 22日目 おこっぺ

興部(おこっぺ)

朝 3時に起きました。10時に寝たので、5時間、それから、いびき等で寝そびれ携帯でテレビを見て過ごしました。外は雨が降り出し、早い人は5時ぐらいから出発の準備を始め、6時から7時には出発して行きます。私は、今日は60㎞ぐらい先の旅館を予約しているので、雨の様子を見ながらゆっくりです。管理人さんから、午後、4時の受付までなら、何時まででもいていいよ、雨の様子を見て出発しなさいと嬉しいお言葉。

9時を過ぎれば弱くなる予想なので、それまで、もう一人の雨宿り組とお喋り。東京は台風で凄いことになっているみたいなので、これくらいの雨はしかたないかな。

10時、雨も殆ど気にならなくなって来たので出発します。昨日一緒の泊まった人は先を急ぐので6時出発です。

今日は、238号線を興部(おこっぺ と読みます)。道の駅「おこっぺ」にも今日と同じ車両に泊まれるライダーハウスが有ります。ここは、料金は無料で、近くに風呂も有り買い物にも便利と有名なライダーハウスです。ここに泊まろうかとも思いましたが、ここ、3日間、キャンプ場とライダーハウスでまともな食事をしてないので、今日は旅館に泊まります。

出発して直ぐに雨が降り出し、初めてレインウエアを着て走ります。 

15㎞ぐらいで道の駅「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」に到着、朝食兼昼食を食べました。(ジンギスカン定食 800円)とアスパラモナカを食べました。北海道に来て初めてのジンギスカンです。温泉に入りたいですが、まだ50㎞ぐらい有るので出発します。外人の自転車の一団に抜かれて行きました。目標が出来たので追いかけます。向こうはロードレーサー、こちらは荷物付のクロスバイク、本来なら、追いかけても無駄ですが、こちらは、アシスト自転車、坂道には抜群の力を発揮します。この道はアップダウンが続く道、坂道で近づきます。3人には追い付くことが出来ました。前に目標が有れば、人は頑張れるのか、平均20㎞以上で走れました。

トイレ休憩に道の駅「オホーツク紋別」に到着。併設のオホーツク流水科学センターを見学してクリオネを初めて見ました。

外に出ると雨が激しくなっています、でも仕方ないので興部(おこっぺ)目指します。ラベンダー園やオムサロ原生花園などオホーツク国道は快晴だと綺麗だと思います。雨の中ではそんな余裕は有りません。ひたすら、雨の中、前に進みます。

3時50分、興部(おこっぺ)に到着。おこっぺに来たら、先ずは、おこっぺアイスです。ここに来たらおこっぺアイスと言われるくらい有名です。

f:id:minami0375:20180816181617j:image

でも雨の中走って来たのであまり味わえませんでした。直ぐに旅館に向かいます。宿は北原旅館、むかしの、いかにも旅館です。部屋に入り直ぐにお風呂、先客が出たばかりで、風呂が熱いと言ってましたが、本当に熱く、中には入れません。シャワーで我慢。

食事は豪華ではないが、おいしくて3杯お替りしました。宿泊者は工事関係者が大半で旅行者は先に話した2人組のライダーさんだけでした。